www.2030clergy.net

-

-

ここ数年概ねどの保険会社も値段つり上げを行っています。自動車損害保険が保険料を値上げするという事態が起きるとダイレクトに市民の生計に甚大な衝撃を与えます。さて、どういうわけで自動車損害保険が値段引き上げをされるという事態になっているのでしょうか?理由として考えられるものは、概して2項目あると考えられます。まず最初に、お歳を召した乗用車所持者がどんどん増加傾向にあることが考えられます。車両を持っているのが当たり前の社会になってしまった故、お年を召した乗用車所持者も増えつつあります。しかも、我が国では高齢化社会に移行しつつあるということも原因になって、日増しにどんどん高齢者の乗用車持ちが多数派になっていく傾向にあります。老齢のにおいては、一般的には掛け金が低額に販売されている故保険会社にとってはあまりうま味が存在しないのです。なぜなら保険の掛金が手ごろなのにトラブルを起こされてしまうと高い補償費を被保険者に支払わないといけないからです。とすると損を取る可能性が上がると判断されるため、保険会社は保険料を高額にしていく他ありません。そして、2つ目の理由として考えられる事は、若年者のクルマ所有離れだと考えられます。高齢の自動車ドライバーは増えていますが若年者は自動車に対するプライオリティが低くなりつつあるのが現状です。このようなウラに当たるものは、電車・地下鉄・バスなどの交通機関の整備と経済事情に関わる問題なのです。収入に不安のない仕事に身を落ち着けることができない若年層が多いということから乗用車を購入するお金がないといった人も当然多くいるのです。また、昔の感覚であれば、自家用車を所有していることが一般人にとってのステータスというのが当たり前でしたが今は自動車の所有自体がステータスとはとても断言できなくなってきました。こういった訳で、保険料金が老年期より割高な若年者の自動車保険申込が年々数を減らしていると考えられます。そういった様々なことが原因で、自動車保険会社も保険料増加に及ばざるを得ないのだと考えられるのです。

Copyright © 2000 www.2030clergy.net All Rights Reserved.